代理店を利用するメリットは?

自動車保険の代理店とは

車を購入しようとした場合にまず最初に検討すべきものとして自動車保険への加入があります。必ずしも必須というわけではありませんが、事故を起こした場合のリスクの大きさを考えると少なくとも対人対物には加入しておく方が無難です。加入に際しては代理店経由で保険会社と契約することが一般的ですが、この代理店とは何者でしょうか。一言で言えば、保険会社から委託されて保険契約を代理で行っている会社や個人ということですが、気をつけないといけないのはあくまでも保険会社の代理であって契約者の代理ではないという点です。代理店によって特定の保険契約とだけ代理契約を結んでいるところと、複数の保険会社と結んでいるところがあります。

代理店を利用するメリット

では、自動車保険を利用する際に代理店を利用するメリットとはなんでしょうか。一言で言えば、諸々の手続きが楽になるという点につきます。自動車保険に限らず、保険加入にあたっては様々な書類を提出することが求められますが、何も知らない素人が一から揃えるのはそれなりに大変です。代理店であれば懇切丁寧に説明してくれるため、自分で調べたり聞いて回ったりする手間が省けるはずです。また、いざ事故を起こして保険金申請をする際にも同様に代理店は心強い味方になってくれることが多いです。気が動転して加入時以上に書類の準備を負担に感じると思いますので、専門家によるフォローが得られることは非常に大きなメリットと言えるでしょう。