保険料の安さだけで選んでよいか?

万が一の備えに合った保険選びが必要

自動車保険の任意保険に加入するのは任意です。沖縄県などでは加入率が低いとされまずが、その他の都道府県ではそれなりに高い加入率になっています。自賠責と違って保険会社によって保険料が異なるため、選ぶときには保険料を気にしながら選ぶときもあるでしょう。しかしあまり保険料を重視し過ぎると、自己対応力サービスの弱い保険を選ぶ可能性もあります。万が一事故に遭ったときの対応を気にするのであれば、その時の対応に優れ他保険会社の商品を選ぶようにしましょう。ある保険会社では平日の昼間以外だと翌営業日の対応になるところがあります。一方で休日であろうと深夜であろうとすぐに対応してくれるところもあります。いつでも対応してくれるところの方が安心できます。

保険に入る安心感を得るためだけに入るとき

保険は万が一に備えるためのサービスです。終身の生命保険は貯蓄目的もあるので、より利回りのいい保険の選択をするときもあります。自動車の任意保険は掛け捨てが基本なので、何もなければ保険料分がそのまま払い損になります。安心のために保険を買っていると言えるかもしれません。これまで事故やトラブルなどに遭った経験がなく、保険会社とのやり取りは加入と更新の時だけの人がいるかもしれません。その時はできるだけ安い保険料の自動車保険を選ぶの良いかもしれません。保険料の決まり方は各社で異なるので、見直しの時によりやすくなる商品を見つけられる可能性があります。事故対応やロードサービスの内容などは気にせず、とにかく安い商品を選舞踊にします。